水芭蕉の折り紙

ミズバショウのおりがみ 折図とともに紹介します

春から夏にかけて咲く水芭蕉。湿地に群生している姿が多く見られます。
白い部分を「苞」、中央の円柱状の部分を小さな花が多く集まった「花序」といいます。
水芭蕉の清楚な姿をあらわしたくて、シンプルに作りました。
簡単なのでたくさん作って群生させてください。平面でも立体でもどちらでも飾れます。

<平面にした場合>

水芭蕉(みずばしょう)の折図

   

手書きですので、わかりにくい場合はメールフォームにてご連絡ください。見本を送ることもできます。

 

PDFファイルはこちら

水芭蕉花

水芭蕉葉

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする